fc2ブログ
23

イベントへ

Instagramには少しアップしたのですが、blogにも残しておこうと思います。

10月3日に少し足を延ばし、同級生が主催するイベントへ両親を連れて行って来ました。

20211117blog


死者の日
家族や友人達が集い、死者を偲んで感謝し、生きる喜びを分かち合いながら、明るく楽しく過ごすメキシコのお祭りからくるそうです。

20211117blog6
手作り感満載♪


20211117blog2
革工房を持つ同級生のワークショップにも参加。
焼印をしてみるが、若干傾いてしまいました(笑)
「それが手作りなんだよ」と言っていた。
いい事いいますわ(笑)

20211117blog3
私が焼印した雪の結晶の革がパスケースに!


20211117blog8
色々あり、どれにしようか迷いました♪

20211117blog5.jpg
革に焼印をした後に、金具を取り付け、キーホルダーが完成。


簡単だけれど、自分で作ったキーホルダーは愛着が持てます。

少しだけ手を加えて完成させる。

当日までの準備は本当に大変だと思いますが、満足感もあり、楽しむ事もできました。

楽しいと感じてもらえるワークショップ、いいですね!

20211117blog4
今回の目的の1つ。蜂蜜を購入♪

それから同級生の作った新米も持ち帰ることが出来ました。

合鴨農法の玄米は驚くほど甘くて美味しい!

丹精込めて作った物はやっぱりいいなと思った1日でした。


私自身、こうやって両親と一緒に出掛けたのは何年ぶりだろう。

トライアスロンに夢中だった頃は両親と一緒に出掛けた事が少なかったように思う。

父も母も有難いことにとても元気です。

今はなるべく時間を共にしたいという思いが強くなっています。

02

少しずつ

少しずつですが、いただいたオーダーに向き合い、紡いでいます。

20211103
イギリス産のフローライト。
紫外線を浴びるとこんな表情が楽しめます!

20211103-2
光を透過する石。裏側からも美しい。

3つ目は、写真に写していない石、候補として選んでくださった。
さぁ、3つの石からどれを選ぶのかしら。
私もとっても楽しみですです。

何となくぼんやりしたデザインは浮かんでいるのですが、まだ形出来ていないので、
これから紡いで行きたいと思っています。

瑞々しい石たちと向き合う時間、とても幸せに感じます。
こんな時間をもっと増やしていけたらいいなと思う今日この頃です。
29

自然に戯れる

この2ヶ月、体調も優れなかったこともあり、どうしても気持ちが外へ向かわなかったのですが、
久々に外側へ。

筋力も落ちているので、今回は楽ちんなお散歩です♪

20211029-1
木々は生い茂り、川の流れはゆっくりですが、水は澄んでいました。

光が射すと、まるでオパールのように見えた。
とても神秘的です。

20211029
スマホから写真を写しましたが、大きな虹が現れ、まるで祝福されているような気持ちになりました。

人が少ない場所では、鼻だけマスクから出してみたのですが、
ヒヤッとした空気が何とも言えず、幸せな気持ちとなりました。
当たり前だった頃には気がつかなかったことですよね。

芝生広場にレジャーシートを敷き、小休止。
あ~~最高です!

またハイキングやお山にも行きたいなと思う今日この頃です。

17

あか

遅くなりましたが1点作品をUPしました♪
20211015

久々のブレスレットです。

暑い最中に紡いでいたのですが、このところの体調不調が続き、
ようやく更新が出来ましたが、ちょうどいい季節のブレスレットとなりました(^_-)-☆

この作品を紡いでいた頃、無性に力強い石ばかり選んでいたので、欲していたのでしょうね。


家にいることも好きですが、どうしても発散しきれない思いや気持ちが残っていたのだと思います。
長い間解決できず、悶々する事が多かったように感じました。

怒りが悪者ではなく、そのことを認識する。
認める。

レッドはエナジーチャージだけではなく、そんなメッセージも込められています。
腕がジンジンとして、体感しやすいです。

少しだけでも行動に起こしたい、何かを変えたい。
でも動かない、動けない。
そんな時に背中をポンと押してくれる作品だと思っています。

周りが動くのではなく、自分で行動を起こす。
そんなキーワードです。

どうぞよろしくお願いいたします。LUAR
06

幸せな時間と大切に想う気持ち

最近の至福の時間。

きっかけは夏の暑い時期にいただいたハチミツ。

美味しくてこんなスパイシーな物があるものかと衝撃的な出合いでした。

それからというもの、色々と調べていくうちに1さじのハチミツが体に良い事を知る。

ハチミツと言えば、甘いねっとりした物が口に残り、小さな頃にレモンジュースに入れた記憶があるが、

それほどにまで興味を持った事が無かった。


20211007blog2
本を読み、ハチミツの奥深さにますます魅了する今日この頃♪

最近は、寝る前に小さじ半分のハチミツを口に入れ、ゆっくりと溶かしながら喉を通す事が日課となり、楽しみの1つとなりました。

スパイシーなハチミツが無くなり、色々な種類を食べてみたいと思い、まずはお試しとして取り寄せてみました。

20211007blog
種類によって、色合いが全く違う。

これぞ飴色。あ~~~美しい!

1つずつ蓋を開けていると、ほのかに香る。
これは、敏感に感じ取らないといけないなと思い、1つずつ大切に匂いを楽しんでみました^^

種類によって香りが全く違うのですよね!

非加熱だからこそ栄養も壊れていない。

個性のあるハチミツは、味・香りが異なり、それぞれの良さが生きていて本当に美味しい。

しぼり方も独特であり、本来の良さを届けようとしているお店の方の信念やハチミツへの愛情
そして努力が伝わって来ました。


20211007blog1
ショッピングモールにて購入したにもかかわらず、手書きのメッセージが入っていました。

荷物からも想いは伝わるのですね。

何だか久々に胸が熱くなりました。


蜜蜂が一生のうちに集めてくるハチミツは小さじ1杯だと言われています。
瓶にいっぱいのハチミツは、どれだけの動力なのだろうと思うと、感謝しながら有難くいただこうと思いました。

石にも同じ事がいえることなのでしょうね。

ハチミツを通して、大切なことを教えてもらったようです。

 HOME